交通事故の死亡事故で相続が問題となる場合

 交通事故で死亡事故が発生すると、交通事故の損害賠償請求の問題と同時に相続問題も発生します。交通事故で相続が発生した時に、誰が相続出来るのかをしっかりと理解出来ている人は意外と少ないです。突然の事故ですから当然ですね。

 では相続人はどう決まるのかというと、きちんと相続順位というものがあり、これが重要な位置づけになっているので、詳しく見て行きましょう。
まず被相続人の配偶者つまり夫にとっての妻や妻にとっての夫が最優先され、必ず相続人になります。つまり最優先されている配偶者と、それ以外の優先順位の高い人とで財産を分ける事になります。

 ただ配偶者は、入籍している必要があります。内縁の妻であったり、すでに離婚している場合は戸籍に入っていないので、含まれません。
配偶者の次に優先順位が高いのは子供です。仮にその子供がすでに亡くなっていて、孫がいる場合は、孫が子供に代わって受け取る形になります。子供と孫が生きている場合は子供だけが受継ぎ、孫は受継ぐ事は出来ません。このように子供や孫といった直系の親戚の事を直系卑属と言って、子供の代わりに孫が相続する事を代襲相続と言います。

 相続する順位は被相続人に近い方から優先され、子供や孫がいない場合、父母や祖父母へと移ります。この場合、父母そして祖父母という形で順位が決まりますが、父母や祖父母がいない場合は、被相続人の兄弟姉妹に相続する権利が移ります。さらに兄弟姉妹もいない場合は、甥や姪が引き継ぐという形です。
では被相続人に子供がいるが、血縁関係のない養子だった場合どうなるかというと、関係ありません。たとえ血のつながりがなくても、養子になっていれば相続する権利はあります。

 一方配偶者は、籍を入れていれば優先順位が最も高いのですが、離婚してしまえば権利は失ってしまうので注意が必要です。しかしその子供には相続する権利は引き続き残ります。

 ただこの場合、被相続人と血縁関係がなければいけません。さらにその子供が連れ子であった場合、養子にしていない限り、たとえ離婚していなくてもその子供には相続する権利は生まれません。何故ならあくまで相続は、血縁の親族のみになされるものというのが原則だからです。このように相続人の決まり方にはきちんとしたルールがあり、これを知っておけば後でもめる事も少なくなります。

 思っていない予想できないときに起きるのが事故ですので、できるだけ混乱が生じないように自分の気持ちや思いを反映した遺言書を公正証書遺言の形で平時に作成しておくのが理想ですね。なかなか出来ることではありませんが。遺言書の作成は遺言書作成の依頼を弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士だけでなく行政書士も遺言書作成を行ってくれますので身近な街の法律家である行政書士に相談するのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です