交通事故が起こりやすい場所

 自分が交通ルールを守っていたり、気をつけて運転をしていても、他人の交通事故に巻き込まれてしまい、大きなケガを負ってしまうこともあるのです。交通事故は、誰もが起こそうと思って起こしているわけではありません。


 そして、良く交通事故が起きる場所や、シチュエーションは、だいたい同じ場所やタイミングなのです。やはり一番多く交通事故が起きる場所と言えば、交差点や交差点の付近です。特に多いのは、交差点に差し掛かる横に高い壁があるなど、見通しが悪い場所です。または、交差点の位置が道に対して少しずれていたり、坂道を上りきった場所に位置していたり、カーブが終わる場所にあるなど、見通しが悪い場所です。そのような場所では、例えミラーが設置してあっても事故が多くなりますので、まずはしっかりと減速をして、確実に黙視で交差点付近を確認してから進行することが大切になります。これは、自動車の運転手だけに限らず、歩行者や自転車を乗っている場合でも同じことが言えます。自分が気をつけても、相手が飛び出してくる可能性もありますので、念には念を入れて確認するようにしましょう。
もうひとつ交通事故が起きやすいのは、スピードが出しやすい場所です。自動車を運転していると、道がくねっておらず、周りに高い建物などがなく、平地になっていて、さらに緩やかな下り坂になっている場所は、ついついスピードが乗ってきてしまいがちです。

 さらに信号もあまりない場所では、特にこの傾向が強くなります。そんなときに、ちょっとした不意の事柄が起きたならば、急ハンドルを切って避けようとしてしまいます。すると自動車はスピンしてしまい、道から逸れてどこかに突っ込んでしまったり、最悪の場合は自動車が横転してしまうこともあるのです。特に大型のトラックなどは、横転しやすい傾向にあります。このようなスピードが出しやすい道では、感覚だけではなく、しっかりとスピードメーターを見て、確認することが大切です。