もしも警察に報告しないで示談した場合の問題点

 普通に暮らしていても、交通事故に遭ってしまったり、事故を起こしてしまうことはあります。交通事故の加害者になったら、あるいは被害者になったらまずやらなければならないことはなんでしょうか?一番大切なことはまずは、警察に届けるということです。これによって警察が事故証明をしてくれます。さらに被害者が怪我を負ったというときには加害者側の加入する保険会社から、被害者に対して、怪我の状況に応じて医療費が支払われたり、慰謝料や賠償金が払われるということになります。でも、もしも警察に報告しなかったらこれらの手続きはまったくないのです。

 当事者どうして解決するように話しをしたとしても、それが正しいやり方になるかどうかは、まったくわかりません。加害者側からすれば、交通事故として扱われないですから免停になることもなくラッキーと思うかもしれませんがそれは違います。それは事故を起こした責任として警察に届ける義務があります。さらには被害者が怪我もしていないし、まったく問題ないといってもそれが本当に事実かどうかわかりません。被害者側がまっとうな人とは限らないからです。事故を理由に脅してくるかもしれませんし金銭を要求してくる可能性もあります。また被害者側にとって不利なことはたくさんあります。そのときは、興奮状態でケガをしていないと思ったとしても、事故というのは後から痛みがでてくることが多いです。

 首のむちうちなどは、よくある怪我です。それが原因で体調不調になって病院に通院したとしても事故の届をしていなければ、ケガの治療費は自分で支払うしかないのです。被害にあったのも自分ですが、ケガの治療費も自分ですし、それがもとで仕事ができなくなる可能性もゼロではないからです。ですから、事故の大小にかかわらず、警察に届けるということが、その後のトラブル防止のためにも、必要なことになるのです。面倒だということでも、正式な手続きをふむことは必要です。